真面目なことを言いますが、家族の子供が家出したらやっぱりすぐに警察にお願いしていただきたいですね。何よりもそれが一番です。私は正直言えば、家出で子供たちが出会いをして、神様がホテルを提供して、子供たちがセックスをお返しに提供するというのも道理に叶っていることだと思っているのです。子供と言ってもそのくらいの道徳の善し悪しは判断出来ていますし、その判断基準がそれを良しとした訳です。もし判断基準がうまく行かない子供たちは、食事おごってもらって、その一方的行為を当然と受け止めてしまうでしょう。欲しいものは代価を払うというシステムによって作られているのです。出会いのシステムもそのルールに従っているのです。

しかし、はっきりと言いますが、私が心配することは出会いのことではありません。もっと身体に危害与える男性が中に紛れ込んでいる可能性があるからです。だから、家出したら即、警察に捜索願です。家出して子供たちは出会いしているに決まっている訳です。そして、もし家出じゃなかったらという心配ごともよそに置いてまずは警察に届け出なのです。結果家出じゃなくても、そういうケースも非常に多い訳ですから心配にいたることではありません。

男性の中には神様にふんそうした悪魔のような存在もいる訳です。性の妄想とは果てしないのです。そして、単にセックスだけでは物足りないと感じる男性も最近では多いようです。そして、もっとハードなものをどんどん男性は求めていくのです。性とはそういうものも許容範囲にしてしまうようです。だから、女の子を傷つけて快感得るという男性がいても性の見地から別に不思議ではありません。そして、首をしめることによって快感得る男性もいるようです。言っていることお判りになるでしょう。これ以上言うつもりもありません。出会いを許すことが出来ても、こういう男性の存在の餌食になってしまってはならないのです。